田七人参に副作用はあるのか?ないのか?

田七人参は様々な作用があり効果的ですが副作用は無いのでしょうか?

 

田七人参の副作用についてご紹介します。

 

健康に良い漢方薬として高麗人参をご存知の方も多いと思いますが田七人参は高麗人参の7倍もサポニンを含んでいます。

 

田七人参にはフラボノイドや必須アミノ酸も豊富に含まれていてとても効果的だという人も多いのです。

 

特に血糖値や血圧を下げる効果が優れていると言われていますが、副作用が心配という人もいるでしょう。

 

副作用はないが、体に合わない可能性はある

一般的に西洋の薬の場合、強力な薬程、副作用が強いですが田七人参に関してはゴボウと同じ根菜類の植物なので心配はいりません。

 

田七人参を飲んだからといって副作用の心配をすることは無いでしょう。

 

ただし、人によっては田七人参が体に合わないという事もあるかもしれません。

 

副作用は無いですが体に合わない場合は中止した方が良い事もあるのです。

 

サプリメントやお茶で手軽に田七人参が手にできる

田七人参は、とても安全性の高い植物です。

 

古くから中国の山地で生育され、収穫までに3年から7年の年月がかかり、その後10年は同じ場所でできない貴重なものでした。

 

現在は農業技術の発展によって価格もお手頃になり、健康の為に誰でも田七人参が手に入る時代になったのです。

 

日本では昭和30年ころから知られるようになり今ではサプリメントやお茶として数多くの人が健康維持の為飲めるようになっています。

 

サプリ

 

これらの田七人参のサプリメントやお茶は、農薬や添加物などを一切使ってない事が多いです。

 

その為、健康効果はそのままで体に害になるような物も含まれていません。

 

田七人参は体に害がなく安全性は高いのに効果も高い人参なんです。

 

血糖値が高い方、血圧が高い方が田七人参を飲むことで改善効果も期待できますが予防効果も十分考えられます。

 

田七人参は、他の薬などと一緒に飲むとその薬の効果をさらに高めることがあります。

 

もし、何か常時飲んでいるお薬などがあるなら田七人参のサプリメントやお茶を飲んでも大丈夫か医師などに確認した方が良いでしょう。

 

副作用とは違う好転反応

田七人参でよく副作用と勘違いされるのが好転反応でしょう。

 

好転反応は、体が不調で体内にたくさん毒素などが溜まっている時起こる症状です。

 

田七人参の様な強力な効果を持つ漢方薬などを飲むと起こる可能性があるでしょう。

 

これはデトックス効果なので心配することはありませんが副作用だと思うような症状が起こるケースもあります。

 

例えば、眠気やだるさ、頻尿、倦怠感、軽い発熱、吐き気、下痢、血圧や血糖値が一時的に上がったりするでしょう。

 

田七人参を飲んでこのような症状が出てしまうとどうしても副作用だと思い込みがちです。

 

しかし、このような好転反応は元々胃腸や血圧に問題がある方に起こりやすく一時的なものなので心配はいりません。

 

血圧などは数時間後には下がりますし胃腸などのトラブルも2日から3日程で好転反応の場合治まります。

 

田七人参を飲み始めて初期の段階で起こり数日で治るようなら好転反応と考えて良いでしょう。

 

田七人参自体飲んだからといって副作用はありません。

 

しかし、副作用と思われるような症状が出ることはあるかもしれませんので注意して飲んでください。